トイレの水のトラブルをなくす習慣

日常生活の中で、水漏れや詰まりなど水のトラブルが起こる可能性はゼロとは言えません。前兆を見過ごしている場合や、突然起こる場合などがありますが、普段から水のトラブルを起こさないような習慣を身につけたいものです。そこでここでは、トイレの水のトラブルをゼロにする習慣を紹介します。

■トイレが詰まる前兆を知っておく

異物などによって急にトイレが詰まってしまうこともありますが、多くの場合は詰まる前兆があります。例えば、トイレの水を流したときに変な音がする場合、便器の中の水の高さが高い場合、極端に便器の中の水が少ない場合などです。前兆とは言っても中には極端な場合もあるので、いつも使っているトイレなら異変や違和感に気づくという人も多いです。こういった前兆がある場合は遅かれ早かれ詰まってしまい、逆流などが起こる可能性もあるので早めに対処するようにしましょう。



■自分でできる対策で詰まりを防ぐ
排水口などの詰まりを解消するために使用するラバーカップを用意しておき、詰まる前兆かなと感じたときに、ラバーカップで詰まりを解消することで、早い段階でトイレの詰まりに対処することができます。この他にも、バケツに多めの水を入れて気持ち高めのところから、勢いをつけて便器の中に水を流すことで、軽度の詰まりならほとんどは解消することができます。トイレ掃除のついでなどにチェックしたり、対処することを習慣にすることでトイレが詰まってパニックになるのを防ぐことができるのではないでしょうか。

■トイレが詰まる原因は自分にあることも多い

普段何気なく行っている習慣が原因になっていることもあります。例えば、猫を飼っているという人の中には、猫の糞を処分するためにトイレを利用しているという人もいるのではないでしょうか。猫の糞は人間の便とは違い、水に溶けにくいので詰まりの原因になってしまうことがあります。
また、トイレットペーパーではなくティッシュペーパーも水に溶けないので注意が必要です。この他にも大量のトイレットペーパーや紙おむつ、生理用のナプキやタンポンなどを流すのも詰まりの原因になりますし、食べ残しも流さないようにしましょう。



■まとめ
トイレが詰まると汚水や汚物が逆流してしまう可能性が高いことから、普段から詰まらせないようにすることが大切です。同時に、詰まりの原因をしっかり理解しておくことも大切です。前兆の確認や定期的なメンテナンスなどを習慣にして、トイレを詰まりを予防しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ