水のトラブルが起きたときはどうしたらいいのか

一人暮らしなどで近くに家族がいない、頼れる人が身近にいないという人は少なからず存在します。そんなときに水のトラブルに見舞われてしまうと、一体誰に相談すればいいのか焦ってしまい、上手く対処することができないこともあります。そこで、頼れる人がいなくても落ち着いて水のトラブルに対処する方法を紹介します。

■まずは水を止めて落ち着く

蛇口やシャワーヘッド、配管、トイレのタンクなどから水が溢れ出す光景を見てしまうと、とても焦ってしまいます。なんとかして水を止めなければと水が出ているところを手で抑えたり、タオルなどで覆ったりする人もいるでしょう。しかし、これでは水は止まりませんし、水を止めなければという気持ちばかりが先行してしまい、さらに焦る原因になってしまいます。
目に見える範囲で完全に水を止めることができない場合は、水道の元栓を閉めて家中の水を止めてしまいましょう。水が止まると自然と落ち着くことができ、冷静になることができます。



■賃貸物件の場合は管理会社に連絡をする
賃貸物件に住んでいるという人の場合は、自分で修理業者を手配して修理を依頼することはできません。賃貸物件の持ち主である大家さんに確認をする必要がありますし、水のトラブル以外でも修繕などをする場合は、大家さんの許可が必要です。そのため、水のトラブルが起こった場合は、まずは物件を管理している管理会社や持ち主である大家さんに連絡をしましょう。
自分に責任がない場合は、大家さんが修理にかかる費用を負担してくれますし、業者の紹介や手配もしてくれるので、スムーズに水のトラブルを解決することができ安心です。

■24時間365日対応してくれる業者をピックアップしておく

水のトラブルは、昼間など業者が営業している時間帯や水道局が開いている時間帯に起こるとは限りません。早朝や夜中でも起こる可能性はあり、こういった時間帯にトラブルが起こってしまうと、昼間以上に慌ててしまうのではないでしょうか。
そこで、早朝や夜間、長期連休中のトラブルに備えて24時間365日水のトラブルに対応してくれる業者をあらかじめピックアップしておきましょう。何かあったら連絡するところがあるというだけでも心強いですし、24時間対応をしている業者の多くはスピードを重視しているので、迅速に対応してもらうことができます。


■まとめ
近くに家族や親戚、友人など頼れる人がいない状況で、家の中で水のトラブルが起こってしまうととても慌ててしまい、適切な対処ができなくなることもあります。修理業者の中には、こういったパニックにつけ込んでずさんな修理をしたり、高額な費用を請求する悪質な業者も存在することから、まずは落ち着いて冷静になってから、次の行動に移りましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ