冬の水のトラブルは気温0度を下回ると起こる

水のトラブルの原因として挙げられるのが、老朽化や破損、詰まりなどですが、実は季節によっても水道管に問題を起こしてしまうケースがあります。それが水道管の凍結です。気温が0℃になるとすぐに水道管に問題が起こるというわけではありませんが、万が一凍結してしまうと、大きな被害に発展してしまう可能性があるので注意が必要です。

■冬に起こる水道管の凍結

水が凍る温度は0度ですが、水道管はマイナス4度から5度を下回ってしまうと凍結する可能性が高くなります。水道管は地中に埋まっていることから、0度の気温に耐えることはできても、気温が下がり続けると遅かれ早かれ凍結が始まります。寒冷地でなくても、気温が下がると天気予報や市町村のホームページなどで、水道管の凍結に関するニュースや注意書きを見たことがある人も多いのではないでしょうか。
地中に埋まっている水道管が凍結してしまうと、水道管は破裂してしまいます。なぜ破裂するかというと、水が凍ると体積が増えるからです。未開封の缶ジュースやペットボトルのジュースなどを冷凍庫で凍らせると、缶が破裂してしまったり、ペットボトルが膨らんでしまったのを見たことがあるという人もいるでしょう。この原理と同じで、水が氷になるときに膨張することで、水道管に負荷がかかり破裂してしまいます。

■凍結を防ぐためにできること

寒波などが予想されている日の夜は、急激な温度の低下に備えて、水道管が破裂しないように水抜きの作業をしておきましょう。水抜きの作業とは、名前の通り水道管から水を抜くものであり、水道管の凍結を防ぐために気温の低い日の習慣にしたい方法です。
水抜きの方法は、最初に水が出るかどうか確認をして蛇口を閉め、次に水抜き栓を水抜きの方向に回しましょう。その後、蛇口を開けて配管の中に入っている水を全て出しきります。そこまで面倒な作業ではないので、低気温が予想される日はできるだけ行うようにしましょう。

■まとめ
冬に起こる水のトラブルである水道管の凍結は寒さで水道管が凍結すると水道管が破裂するなど大惨事に繋がります。道路を通っている水道管の破裂は水道局が修理をしますが、自分に敷地内の水道管が破裂した場合の修理にかかる費用は自腹になってしまうので低気温が予想される日はできるだけ行うようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ